決算書から見えるもの

決算書にはさまざまな情報が書いてあります。
以前にも書きましたが、決算書を見ると経営者の考えていることが何となくわかります。

決算書はよく経営の教科書という表現で紹介されます。これは決算書が1年の総決算であるのと同時に、それまでの累積をすべて表示したものだからです。

つまり決算書には貸借対照表と損益計算書というものがあります。
1年の総決算であるものは損益計算書で、それまでの累積を示したものは貸借対照表ということになります。

損益計算書は売上とか費用とか利益とか示すものです。
貸借対照表はお金と借金などを示すものです。
企業がずっと活動をつづけていけばお金が増えたり、減ったりします。
お金が増えるときは利益が出ていますし、お金が減るときは利益が出ていません。

これをずっと続けていればお金の残高を示す、ということになるわけです。

お問い合わせフォーム

ご相談・お問い合わせはこちら

料金体系についてはご相談内容を基に想定工数からお見積をさせていただいております。 業務の複雑性など、ご相談内容によってはご支援が難しい場合もございますが、ご予算内でのサービスをご提供に努めさせていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのご相談はこちら

0120-953-573

平日: 9:00 ~ 18:00 (土日祝休み)

メールで問い合わせ

24時間365日受付 
お問い合わせ後2営業日以内に担当者よりご連絡させていただきます。

info@grancers.co.jp

ご相談・お問い合わせはこちら

料金体系についてはご相談内容を基に想定工数からお見積をさせていただいております。 業務の複雑性など、ご相談内容によってはご支援が難しい場合もございますが、ご予算内でのサービスをご提供に努めさせていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのご相談はこちら

0120-953-573

平日: 9:00 ~ 18:00 (土日祝休み)

メールで問い合わせ

24時間365日受付 
お問い合わせ後2営業日以内に担当者よりご連絡させていただきます。

info@grancers.co.jp