消費税の基本!第12回~商品券の購入とカタログギフトの購入

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

消費税取引となるか消費税取引とならないかは一定の要件のもと決められています。

そこで商品券が消費税取引になるかというと、なりません。
これは消費税は物品切手等の譲渡としてみなされるためです。

一方カタログギフトを送る場合、消費税取引になるかどうかというと、これは消費税取引になります。これはカタログに掲載されたいずれかの商品を中元・お歳暮の相手方が選択することを前提として対価を支払うものであり、商品の発送やカタログの添付等の種々のサービス込の商品の購入とされるためです。

年末を迎えるにあたって、商品券やカタログなどの取引にはご留意ください。

お問い合わせフォーム

ご相談・お問い合わせはこちら

料金体系についてはご相談内容を基に想定工数からお見積をさせていただいております。 業務の複雑性など、ご相談内容によってはご支援が難しい場合もございますが、ご予算内でのサービスをご提供に努めさせていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのご相談はこちら

0120-953-573

平日: 9:00 ~ 18:00 (土日祝休み)

メールで問い合わせ

24時間365日受付 
お問い合わせ後2営業日以内に担当者よりご連絡させていただきます。

info@grancers.co.jp

ご相談・お問い合わせはこちら

料金体系についてはご相談内容を基に想定工数からお見積をさせていただいております。 業務の複雑性など、ご相談内容によってはご支援が難しい場合もございますが、ご予算内でのサービスをご提供に努めさせていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのご相談はこちら

0120-953-573

平日: 9:00 ~ 18:00 (土日祝休み)

メールで問い合わせ

24時間365日受付 
お問い合わせ後2営業日以内に担当者よりご連絡させていただきます。

info@grancers.co.jp